教育に関する本の意義について

教育 本

教育 本について

教育に関する本の意義について

本をよく読む子供は勉強の点数がいい。
私はそんな話を時折耳にする事があります。
その度に、確かにそうだなあと思います。
本をよく読むとその物語の最初から最後にかけて、どのように話が繋がっていったのかを頭の中で構成する事が出来るようになります。
文字を読むスピードも速くなり、制限時間内に問題文を読まなくてはならないテストの際にとても大きなメリットを受けます。
事実、私は幼いころから読書好きであり図書館に入り浸って読書をしていました。
すると、周りの子供たちがまだ問題文を読んでいるいる頃には私は回答を始めていたなどという場合が多々ありました。
また、大量の読書によって中々現実では行く事の出来ない(例えば外国の事など)の事柄を知る事が出来ます。
多種多様な広い知識を手に入れる事は教育上とても素晴らしい事だと思います。
多くの知識があれば、その分様々な事柄とつなぎ合わせて物事を理解する事が出来ます。
様々な国の事情が交錯する外交の事も、理解しやすくなります。
本はとても素晴らしい人類の発明です。
これからもどんどん教育に活用するようになればと思います。