幼児教育での本とのふれあい

教育 本

教育 本について

幼児教育での本とのふれあい

幼児教育という言葉は昔はあまり聞きませんでしたが、最近は普通の会社員の家庭でもお受験などが盛んなこともあり、子供に対しての教育が過熱してきています。
しかしわざわざ幼い頃から塾にいかなくても、家庭でできることがたくさんあります。
その中でも、本とのふれあいは多いに今後の人生を豊かにしてくれます。
一冊一冊購入する必要はありません。
まずは図書館へ行きましょう。
子供によって好きな本は違い、最初は何を選んだらいいか迷うと思います。
そんな時は、図書館司書の方に子供に人気の種類をきいてみたり、自分が気に入ったものを借りてみましょう。
お母さんが好きなものは、子供も興味をもつ可能性が高いです。
また、好きな絵だったりおもしろいフレーズがあるものも、読んでいて楽しくなるのでおすすめです。
いろいろなジャンルの本にふれた子は、そうではない子に比べて、語彙数や語彙力、読み取りの力がとても高いです。
それは今後の勉強面でも発揮され、人生を豊かなものにしてくれるでしょう。